information

お知らせ

「にぎわい施設で目立つ多摩産材推進事業」令和2年度第2回募集を開始しました。

(公財)東京都農林水産振興財団では、多摩産材の民間への利用拡大を図るため、商業施設等のPR効果が高い施設への多摩産材利用を推進します。民間のにぎわい施設で、内装・外装の木質化工事や什器等の設置など、目立つ多摩産材の利用に補助を行います。

 

【公募スケジュール】

 
第2回公募
事前相談 9月7日(月)~10月9日(金)
申請受付 9月7日(月)~10月30日(金)
交付決定 令和3年1月下旬

 

【補助事業の概要】

 
対象施設 :商業施設や駅舎等、人が多く集まり、誰でも利用できる、民間事業者が
       運営する東京都内の施設(にぎわい施設)
対象事業 :多摩産材を目立つ形で使った内装・外装の木質化、什器の整備等
補助金額 :補助対象経費の2分の1以内(上限5,000万円)
応募対象者:事業費の2分の1以上の自己資金及び借入金を保有し、補助対象事業を
       実施可能な者(国または地方公共団体等を除きます)
備考   :・工期が年度をまたぐ事業でも申請できます。
       (竣工及び施工業者への事業費支払いが2023年度末までに完了する事業に限ります)
      ・「木の街並み創出事業」と同時に申請できます。
      ・すでに全体または一部について契約を締結していたり、着工していても、補助金交付が
       認められる場合もありますので、ご相談ください。

 

【応募条件】

 
対象施設は、以下の条件をすべて満たす必要があります。
ア 利用者が制限されないこと
イ 利用者が年間10万人以上を見込めること
ウ 延べ床面積が200㎡以上であること
エ 多摩産材が目立つ形で利用されていること
オ 床、壁、天井等、仕上げ材として表面に使用する多摩産材の面積が20㎡以上、
  または、仕上げ材や什器に使用する多摩産材の材積が1㎥以上であること
カ 補助金申請額が1,000万円以上(補助対象経費が2,000万円以上)であること
キ 利用者に対して、多摩産材利用の旨を常時発信すること
ク 整備完了後も、木材の良さや森林の大切さをPRする取組みを実施すること

 
詳しくは(公財)東京都農林水産振興財団のホームページ(外部リンク)を参照して下さい。