Use Case

多摩産材使用事例

商業・娯楽施設

神宮前3丁目プロジェクト

渋谷区

  • 地産地消~多摩産材で木質化した都心のテナントビル~

    多摩産材をふんだんに用いた商業施設(準耐火建築)が都心の中心
    市街地を彩る。鉄骨フレームにCLT(多摩産材の杉)の床スラブ、
    外壁はWOOD.ALC(杉の集成材)によるカーテンウォールで構成。

  • 外観

    都心の準耐火建築物ながら、燃え代設計により、室内の壁・天井は
    全面露出を実現、魅力あるビルとして差別化を図っている。
       

  • 内観(3階)

    床スラブは27cm厚のCLT、壁は10.5cm厚のWOOD.ALC+外断熱、
    ソーラー発電を設置、3階部分はゼロエネルギーフロアを実現。

  • 内観(2階)

    壁天井を杉材に覆われたスケルトン内部。テナントは内装の下地工事を
    省略できるばかりか、このままでも十分美しい空間として使える。