information

お知らせ

多摩産材を使ったワークショップを開催します!

東京都は、都民共有の貴重な財産である東京の森林を健全な姿で次世代に引き継ぐため、伐採・利用・植栽・保育という「森林の循環」を推進しており、「東京の木 多摩産材」の利用拡大に取り組んでいます。
このたび、多摩産材に見て触れて親子で楽しめるワークショップを三鷹にある多摩産材モデルハウスにて開催します。
参加費は無料ですので、皆様お気軽にお立ち寄りください。

1.日時及びワークショップの内容
① 平成30年10月6日(土)、10月7日(日) 10:00~17:00
内容:「多摩産材でサイコロをつくろう」
多摩産材の端材を使って自分だけのサイコロを作ります。
向かい合った面の合計が必ず「7」になることを知ってもらい、自由な発想で色を塗ったりマスコットを付けたりします。
参加人数:1日につき20名程度(材料がなくなり次第終了します)

② 平成30年10月13日(土)、10月14日(日) 10:00~17:00
内容:「多摩産材カード立てをつくろう」
多摩産材の端材と針金を使ってカード立てを作ります。
端材にはマーカーで好きな絵を描き、針金は好きな色を選んで好きな形に作ります。
参加人数:1日につき20名程度(材料がなくなり次第終了します)

③ 平成30年10月20日(土)、10月21日(日) 10:00~17:00
内容:「多摩産材でペン立てをつくろう」
多摩産材の端材を使ってペン立てを作ります。端材にはマーカーで好きな絵を描きます。
参加人数:1日につき20名程度(材料がなくなり次第終了します)

2.参加費
参加費は無料です。

3.会場
朝日新聞総合住宅展示場ハウジングプラザ三鷹 第一会場 第一区画  多摩産材モデルハウス
三鷹市大沢3丁目2-37

詳しい内容等は東京都産業労働局のホームページ(外部リンク)を確認ください。
URL:http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/news/2018/1003_11617.html