補助事業・制度等

東京都が平成30年度に実施している多摩産材利用拡大のための施策の一部です。
★にぎわい事業施設で目立つ多摩産材推進事業
終日多くの人が集まり、誰でも利用できる民間事業者が運営する施設での、内・外装の木質化や什器等の設備を支援します。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/ringyou/kiiku/tama/sanzai/nigiwai/

★保育園・幼稚園等による木育推進事業
保育園や幼稚園等で木育事業を推進するため、施設の運営者等が策定した木育活動の実施に必要な経費を補助します。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/news/2018/0420_11030.html

★新製品開発による多摩産材普及事業
内装材や家具、什器等での利用拡大を図るため、魅力的な多摩産材製品の開発と普及に取り組む事業者を支援します。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/news/2018/0420_11031.html

★建築士の木づかい推進事業
都市部での木材利用を拡大するため、木材利用に関する講習会の経費を支援します。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/news/2018/0402_11007.html

★とうきょう森づくり貢献認証制度
森づくり活動の実施や、多摩産材を利用した企業や都民等の方々に対し、東京の森づくりへの貢献と、二酸化炭素吸収量及び二酸化炭素固定量を認証します。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/ringyou/moridukuri/kouken/

その他の補助事業・優遇制度

★優遇融資制度『とうきょうの森のいえ』
東京の木・いえづくり協議会が民間金融機関や西多摩地域の地元自治体と連携し、都民等が多摩産材を住宅に活用した場合、住宅ローンの金利について、標準金利よりも優遇を受けることができる制度です。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/131-02.pdf

★地域型住宅グリーン化事業
国土交通省では、地域における木造住宅の生産体制の強化、環境負荷の低減等を図るため、地域の木材関連事業者、流通事業者、建築士事務所、中小工務店等が連携して取り組む省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築物の整備を支援しております。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000795.html

★公共建築物等の整備に活用可能な補助事業・制度等一覧:林野庁
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/koukyou/attach/pdf/index-96.pdf

★エコスクール:文部科学省・農林水産省・国土交通省・環境省
環境を考慮した学校施設の整備推進
http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/ecoschool/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/16/1289492_1.pdf

※このページに掲載している補助事業や優遇制度は、一部でありすべての補助事業や優遇制度を網羅しているものではありません。