Consultation

相談事例

工事用看板

日頃から「地域貢献」「環境保護」等に関心の高い水道工事店(有)豊沢工営から「工事の件名板や黒板に『東京の木』は利用できないか?他県では自治体ぐるみで地場の間伐材を利用しているようだ。」との相談をいただきました。

多摩産材情報センターでは、(有)豊沢工営から希望する看板の完成形や現在使用している鉄製看板の状況等々を伺い、多摩産材認証協議会登録の製材業者数社に、条件に見合った木材の提供可否について打診しました。

打診した製材業者のうち、1社では既に類似の製品を過去に作成していたため、(有)豊沢工営に紹介しました。

(有)豊沢工営は同社が希望する形状、サイズの商品作成を発注しました。

(有)豊沢工営では水道工事イメージアップコンクール(水道事業や工事の広報、周辺環境への配慮、地域とのコミュニケーションなどに優れた取組を実施した工事について、当該工事に携わる者を表彰する)への応募も検討しています。